【十条】2020年食べたお店とメニューまとめ(店内編)1

2020年十条駅周辺で行った店メインビジュアル
ローソン2階から撮影

気が付けば、2020年は1月3日に書いただけ…その間に十条駅前はエライことになっており、数年で風景は全く変わることでしょう…。今回は昨年の振り返りで、食べ歩いた記録をまとめていきます。

中華邸(中華の台所 香港屋 上十条店)

駅前の再開発で一度は消えたお店が「香港屋」跡地に2020年末に復活。 居ぬきも居ぬき、看板は元のままなので分かりにくいかもしれませんが、味は前のまま。深夜23時でもお酒抜きで食べられるのはうれしいのです。看板メニューの担担刀削麵は辛みはマイルドであっさりいただけます。ここの餃子はモチモチで厚めの皮で好みです。

ダイニング街なか

線路沿いにあったのですが、再開発で仲通りに移転してきました。区の事業らしいです。wi-fiもあり、居心地もよく、洋食メニューがそろっています。パスタ大盛無料で助かります。

CAPTAIN COW

こんなに分厚いローストビーフは初めて食べました…最高でした。

ステーキダイニング。久々に行きました。 ランチは初めてだったんですが、写真で伝わるかわかりませんけれど、ご飯の量が半端なく、大盛はやめたほうがいいと店員さんに言われ、大食いの私も一度様子をみようとそのまま頼みました。結果…よかったということに。味はほんとよくて、牛肉を摂取したい欲を満たしてくれます。これで千円でおつりがきます。

肉骨茶

バクテーという薬膳スープでスペアリブを煮込んだ料理が看板ですが、その応用のこのカレーはめちゃめちゃ美味しいです。スパイシーですが、食べやすく、体が温まる気がします。スプーンでするりと骨から取れるお肉がボリューム満点です。

ラーメン 成り上がれ

いわゆる二郎インスパイア系。その界隈は詳しくはないのですが40歳を過ぎてこの手のものが好きになってきました(謎)。ただアブラを追加などしなければ見た感じよりずっとあっさりしているのが不思議な所。深夜でもガンガンいただけます。コスパもいいと感じます。とにかくほろほろの豚の肉塊が臭みもなくウマすぎて通っています。値段もコスパがいいと感じます。ノーマルラーメンで730円(2020年時点)ですが、ほぼチャーシュー麺なので。駅から軽く走っていくとよい運動になり、そこで高たんぱくを摂取でき、優勝です。

1としましたが、このページをもう少し、思い出しながら更新していこうと思っています。2021年、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です