もはや誰も甘くみていない十条のカレー

突然ですが私、カレーが好きで好きでしょうがありません。
どれくらい好きかと言えば、会社の社食で特別おいしくもない、正直コンビニ弁当以下のカレーを5日のうち4日は食べているくらい。

正直別にグルメではないので舌にも自信はなく、
グルメライターになるほどボキャブラリーはありません。

ちなみに家庭風カレーも、インド・アジアンカリーも、欧風カレーも、蕎麦屋のカレー丼も私の中では全てアリです。

でもカレー屋が多い神保町で食べまくり、山手線のすべての駅のカレー屋を制覇する!なんてことをやっていたことも。結局3分の2くらいしか食べられてませんが。
まあとにかくカレーはDAISUKI!なけーわー(元ABブラザーズ風に)です。
十条ではいろいろなカレー屋さんを食べ歩きました。
curry & coffee TIMEさんのポークカレーおいしゅうございました。
仲通りニュージュンタラさんは本格派カリーで、ボリューム満点。
ユマミーナさんもオリジナリティある欧風カレーでハマる味でした。

前置きが長くなりましたが、私のツイッタータイムラインにある日

『十条カレー戦争』『カレー番付』『カレー総選挙』

なる文字が流れてきました。聞けば…いや読むとカレーをメインでは出していないお店が次々と競い合うようにカレーメニューを出しているそう。

普段はメインメニューで出されていないお店もあり、しかも行けるときに行ったらお店が混んでいて入店できず、中々食べつくせない(どこも人気店ですので)そんななか、食べに行ったお店をご紹介します。
(味は個人の感想になります)

トマトカレー。驚きの食感とは?

バー『ひ』のチキンカレー〉

トマトの酸味と、しっかりしたスパイスの辛味がきいています。洋酒との相性バツグン。トロトロのチキンに、時折コリッとする軟骨の食感も楽しい。量はやや少なめで、これは2軒目で来店したお客さんのことを考えたママの心遣い。お値段もリーズナブルです。

反則級の美味しさ&豪華さ(某バーのママ・談)

〈『吉良亭』 のビーフカレー〉

こちらはランチからメインメニューで食べられます。十条のお店の方々もよく食べに行くそうです。 とにかくお肉ですね!ゴロンとしたビーフがほろほろと崩れます。正統派欧風カレーといった趣のルーで、スパイシーさの中にも、しっかりしたコクが感じられます。個人的には神保町にある共栄堂のビーフカレー食べた以来の衝撃でした。ランチだとコスパも良すぎです。カレーはオムレツのせやシーフードもあるみたいです。※吉良亭はカレーがいつもあるわけではありません

おうどん屋さんの2倍楽しめるカレー

〈手打ち蕎麦・うどん『彩め』のカレーうどんセット〉

以前は十条にあった彩めさんは、個人的に好みなので番外編として入れております。普通のカレーうどんよりかなり粘度が高いのですが、これがミソ。うどんを食べきったらご飯に盛れば(ご飯とよく絡むのです)カレーうどんとカレー丼、1食で2度食べられます。ダシと豚肉のあまみで辛さはマイルドです。ラーメンもおそばもスープは飲まない私ですが、こちらはもちろん丼を空にしましたよ。

 

ちょっと長くなりました。
そして全店は食べに行けていないのでこれからも続けていきたいと思います…すみません。

とにかく言いたいことは、十条のカレーはアツいんですって!
甘くみちゃだめですよ!カレーだけに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です